最新のお知らせ?イベント_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /rss daily 1 ヒト胚着床現象を高度に模倣することに世界で初めて成功着床機序の解明や不妊治療法の開発に期待_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /whatsnew/seimei-sentankenkyu/20240219 <![CDATA[<p>? 【ポイント】</p>&#13; <ul>&#13; <li>ヒト胚着床を培養皿上で再現できる胎児-母体アセンブロイド(注1)を創出し、ヒト胚着床機序を解明するためのプラットフォームを作製しました。</li>&#13; <li>このプラットフォームを用いて、着床過程の各段階を再現することに成功し、胎盤の細胞と母体の細胞が融合し得ることを世界で初めて示しました。</li>&#13; <li>着床不全(注2)、周産期疾患、子宮内膜症や子宮体癌の病態解明や予防法および治療法の開発への応用が期待されます。<br/><br/></li>&#13; </ul>&#13; <p>【研究の内容】</p>&#13; <p>??? 着床は妊娠成立において最初の重要なステップですが、ヒト着床機序を研究するための適切なモデルがありませんでした。<br/>東北大学大学院医学系研究科情報遺伝学分野と周産期医学分野、熊本大学発生医学研究所胎盤発生分野、東京大学定量生命科学研究所大規模生命情報解析研究分野、東京医科歯科大学生体材料工学研究所診断治療システム医工学分野らの研究グループは、ヒト子宮内膜(注3)細胞を用いて生体子宮内膜組織と空間的配置や構成細胞が類似した子宮内膜オルガノイド(注4)モデルの作製に成功しました。また、このモデルとヒト胚性幹(ES)細胞を用いて、胚着床を培養皿上で再現する胎児-母体アセンブロイドを世界で初めて作成し、着床の各段階を再現することに成功しました。さらに、ヒト胚から派生する胎盤細胞と子宮内膜間質細胞が融合することを確認し、着床過程で胎盤の細胞と母体の細胞が融合し得ることを世界で初めて示しました。本研究成果は、着床の瞬間を視覚化する新たなモデルとして、着床機序の解明や不妊治療法の開発のための有用なプラットフォームとなることが期待されます。<br/>本研究成果は、日本時間2024年2月24日(土)午前4時(米国東部時間2月23日(金)午後2時)に科学誌Science Advances誌に掲載されます。<br/><br/><br/></p>&#13; <p/>&#13; <p>【展開】</p>&#13; <p> 本研究の成果は、着床時の初期胚と母体の相互作用を調べるための基礎となり、着床不全の治療や生殖補助医療の進歩に貢献し得る貴重な知見を提供するものです。また、本モデルを応用し、胎盤組織(栄養膜細胞など)と母体組織(子宮内膜)の相互作用の知見を深めることで、着床不全や周産期疾患の発症予測?予防や治療法の開発につながることが期待できます。さらに、子宮内膜症や子宮体癌の病態解明や治療法、予防法の開発への応用も期待できます。</p>&#13; <p/>&#13; <p>【謝辞】</p>&#13; <p> 本研究は、文部科学省科学研究費補助金(課題番号:JP21H04834, JP21K15098)、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)(課題番号:JP19gm1310001)、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)再生医療実現拠点ネットワークプログラム(課題番号:JP21bm0704068)、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)成育疾患克服等総合研究事業(Birthday)(課題番号:JP23gn0110072)、公益財団法人武田科学振興財団、公益財団法人内藤記念科学振興財団等の支援を受けて行われました。<br/><br/></p>&#13; <p>【用語解説】</p>&#13; <p>??? 注1.?? ?胎児-母体アセンブロイド:胚盤胞様構造物(ブラストイド)と子宮内膜オルガノイドの集合体モデル。<br/><br/> 注2.?? ?着床不全:着床不全は受精卵が女性の子宮内膜に正常に着床しない状態を指します。着床不全の原因は多岐にわたり、ホルモンバランスの乱れ、子宮内膜の異常、免疫学的要因、さらには生活習慣や環境要因などが関与すると考えられています。着床不全は、特に体外受精を試みるカップルにとって重要な課題であり、着床不全の理解を深めることは、不妊の課題に対処し、生殖補助医療技術(ART)を向上させる上で非常に重要であるといえます。</p>&#13; <p> 注3.?? ?子宮内膜:子宮の最外層にあり、月経周期と妊娠において重要な役割を果たします。子宮内膜は、上皮細胞、間質細胞、血管、免疫細胞などの細胞から構成され、ホルモンの変動に応じて劇的に変化する組織です。月経周期は増殖期、分泌期、月経期からなり、それぞれが子宮内膜に異なる影響を及ぼします。ホルモンの上昇により、子宮内膜は、血管が増加し分厚くなり、胚の着床に備えます。子宮内膜の発育に異常があると、不妊症、子宮内膜症、異常子宮出血などの症状を引き起こします。</p>&#13; <p> 注4.?? ?オルガノイド:幹細胞や組織幹細胞から作り出された三次元のミニチュア臓器様構造です。オルガノイドは、三次元構造を持ち、実際の臓器の主要な機能や特徴を再現することが可能であり、臓器の発生、疾患の病理学、薬剤評価など、多様な研究用途を有する貴重なモデルとなっています。</p>&#13; <p/>&#13; <p>【論文情報】</p>&#13; <p>タイトル:Modeling Embryo–Endometrial Interface Recapitulating Human Embryo Implantation<br/>著者:Shun Shibata*, Shun Endo, Luis A. E. Nagai, Eri H. Kobayashi, Akira Oike, Norio Kobayashi, Akane Kitamura, Takeshi Hori, Yuji Nashimoto, Ryuichiro Nakato, Hirotaka Hamada, Hirokazu Kaji, Chie Kikutake, Mikita Suyama, Masatoshi Saito, Nobuo Yaegashi, Hiroaki Okae, &amp; Takahiro Arima*<br/>*責任著者:東北大学大学院医学系研究科情報遺伝学分野 <br/>助教 柴田 峻(しばた しゅん)、名誉教授 有馬 隆博(ありま たかひろ)<br/>掲載誌:Science Advances<br/>URL:<a href="https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.adi4819">https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.adi4819</a></p>&#13; <p/>&#13; <p>【詳細】 <a href="/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2023-file/release240219.pdf">プレスリリース</a>(PDF1,085KB)</p>&#13; <p/>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/katudou/SDGs/file/i/icon.png/@@images/39207fe2-5580-4840-9714-48e1fc6172fc.png" title="icon.png" alt="icon.png" class="image-inline"/> <img src="/daigakujouhou/katudou/SDGs/file/i/sdg_icon_03_ja_2.png/@@images/9ffb7138-bfaf-4665-a923-62edf9423d6d.png" title="sdg_icon_03_ja_2.png" alt="sdg_icon_03_ja_2.png" class="image-inline"/></p>&#13; <p><a href="/daigakujouhou/katudou/SDGs/index"><熊本大学SDGs宣言></a></p>&#13; <p/>&#13; <address>&#13; <p><strong> お問い合わせ</strong><br/>熊本大学総務部総務課広報戦略室<br/>電話:096-342-3269<br/>E-mail:sos-koho※jimu.kumamoto-u.ac.jp</p>&#13; <p>(※を@に置き換えてください)</p>&#13; </address>]]> No publisher 研究 ページ 熊本大学キャンパスミュージアム 日比野克彦氏講演会「アートの力」を開催しました_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/chiikirenkei/news/r020js <![CDATA[<p> 熊本大学では、<span>2</span>月<span>10</span>日に工学部百周年記念館にて、キャンパスミュージアム主催による、東京藝術大学長?熊本市現代美術館長の日比野克彦氏講演会を開催しました。<br/> 当日は、中高生から一般の方まで、幅広い年代の多くの方にご参加いただき、日比野先生が実践してこられた芸術と地域社会とのかかわりについて、アートプロジェクト等、社会の様々な局面へ柔軟に対応するアートの可能性を話していただきました。<br/>「アートは人の心にかかわる」ことを中心に、現代的課題に対して、<span>SDG</span>sとアート、ダイバーシティとアート、共生社会をつくるアート、企業とつながるアート、場の力を引き出すアート、固定観念を超えさせる「アートの力」を示唆されています。<br/> 会場は、新しい視点でのアートの可能性の新鮮な話に包まれ、社会へ「文化的処方」を行うアートの価値が伝わり、芸術文化の力を再確認したところです。講演後は、先生へ挨拶の長い列ができ、全員に対応されていたことが印象的でした。<br/> また、講演会終了後、工学部研究資料館の特別開放を行い、多くの来場者が、重要文化財である動く工作機械群を見学し、熊本大学の文化財を満喫されていました。<br/> 参加者からのアンケートでは、「アートという分野の重要性を認識した」「アートは生きる力ということが良く分かった」などの感想が寄せられ、新しい価値観でのアートのあり方を考える有意義な講演会となりました。<br/><br/><img src="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/chiikirenkei/news/news-file/qgbxe3/@@images/089007fb-d3f3-4fa0-9976-5baacb3be755.jpeg" title="&#x30B5;&#x30E0;&#x30CD;&#x30A4;&#x30EB;DSCF5231.JPG" height="236" width="370" alt="&#x30B5;&#x30E0;&#x30CD;&#x30A4;&#x30EB;DSCF5231.JPG" class="image-inline"/>   <img src="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/chiikirenkei/news/news-file/DSCF5321-1.jpg/@@images/321643bc-991a-42a3-93b3-cca3f3572068.jpeg" title="DSCF5321-1.jpg" height="243" width="369" alt="DSCF5321-1.jpg" class="image-inline"/><br/>       講演される日比野克彦氏        ????              会場の様子<br/><br/><img src="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/chiikirenkei/news/news-file/IMG_1539-1-1.jpg/@@images/6bac8e5d-aab8-40fb-80f4-325f0fb7dc7d.jpeg" title="IMG_1539-1.jpg" height="244" width="370" alt="IMG_1539-1.jpg" class="image-inline"/>   <img src="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/chiikirenkei/news/news-file/DSCF5557-1.jpg/@@images/e24cb521-438b-4fd3-84a2-23bbda64e9ea.jpeg" title="DSCF5557-1.jpg" height="245" width="370" alt="DSCF5557-1.jpg" class="image-inline"/><br/>      工学部研究資料館 見学の様子                百周年記念館前での記念撮影</p>]]> No publisher その他 ページ 防災について知ろう~みんなで助け合い、みんなの命を守る~_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/20240226 <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div style="text-align: justify;">&#13; <p><span/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2022/Amefoot_file/logo.jpg/@@images/34ae22cd-fbf6-47d5-94bb-3e32bd4632b8.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="logo.jpg" height="138" width="545" alt="logo.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-1.jpg/@@images/9dbb650c-52bc-4cff-ac79-15eac30eea10.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="bousai-1.jpg" height="396" width="656" alt="bousai-1.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><strong>?</strong></p>&#13; <p><strong/><span>2024</span>年<span>1</span>月<span>27</span>日(土)、本学大学院先端科学研究部 竹内裕希子教授を講師に、<span>熊本市立託麻南小学校</span>の体育館で、防災イベント「防災について知ろう」が開催されました。</p>&#13; <p>今回は、イベントの様子をご紹介するとともに、防災イベントに参加した竹内研究室:地域防災研究室に所属する大学院自然科学教育部博士前期課程1年の喜志永さん、工学部<span>4</span>年の中町さん、髙木さんをはじめ、参加した小学生、地域の方々にもお話しを伺いました。<img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-0.jpg/@@images/0152a151-f80e-4bee-a527-345aaa884fff.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="bousai-0.jpg" height="193" width="253" alt="bousai-0.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <h2>体育<span>館は寒い???急遽、お話しではなく、製作してみよう!に変更</span></h2>&#13; <p>まず、イベントの様子を簡単にご紹介します。<br/>当日は、とても寒くて、寒くて、、、小学校の体育館ですので、まず、暖房がありません。<br/>座って講演を聴くことは耐えられないだろうと判断の下、「災害を知る」ということで、挨拶が終わり次第、製作活動を始めました。</p>&#13; <table style="width: 813px;">&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <td style="width: 407.125px;"><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-3.jpeg/@@images/a53d6ff3-3531-4462-a168-4b84d9f595a4.jpeg" style="float: left;" title="bousai-3.jpeg" height="288" width="389" alt="bousai-3.jpeg" class="image-inline"/></td>&#13; <td style="width: 400.875px;"><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-3-2.jpeg/@@images/7d1c2b1a-40af-4e32-9ff2-765037c0e6a4.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="bousai-3-2.jpeg" height="275" width="372" alt="bousai-3-2.jpeg" class="image-inline"/></td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; <p/>&#13; <p>製作したものは「ゆらゆら」と「エッキー」です。</p>&#13; <p>健児くん(以下、◆): 「ゆらゆら」とはどんなものですか?</p>&#13; <p>喜志永さん:地震の振動周期によって揺れる建物の高さが異なることを説明するおもちゃです。早く揺らすと低い熊が大きく揺れ、ゆっくり揺らすと高い熊が最も大きく揺れます。</p>&#13; <table style="width: 813px;">&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <td style="width: 364.906px;"><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-4.jpeg/@@images/3a4b6717-3c69-46fa-b207-a3748668a4cc.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="bousai-4.jpeg" height="454" width="347" alt="bousai-4.jpeg" class="image-inline"/></td>&#13; <td style="width: 441.094px;"><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-5-2.jpeg/@@images/5515563e-011f-42ad-85a0-b3f93186592b.jpeg" title="bousai-5-2.jpeg" height="315" width="426" alt="bousai-5-2.jpeg" class="image-inline"/></td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; <p>なんと材料は紙とセロハンとシールのみ!ホッチキスで<span>3</span>箇所止めるだけです。少ない材料で簡単に揺れの違いがわかるとは。びっくりですね。</p>&#13; <p/>&#13; <p>◆: 「エッキー」とはどんなものですか?</p>&#13; <p>喜志永さん:液状化の仕組みが簡単にわかるおもちゃです。熊本地震でも液状化被害が発生しましたし、能登半島地震でも多くの場所で液状化被害が発生しました。</p>&#13; <table style="width: 813px;">&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <td style="width: 379.188px;"><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-5.jpeg/@@images/0d966912-acde-4bed-b423-3bb5578a5a6d.jpeg" title="bousai-5.jpeg" height="441" width="341" alt="bousai-5.jpeg" class="image-inline"/></td>&#13; <td style="width: 430.812px;"><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-6.jpeg/@@images/34ff2981-b11f-420b-8150-0f810f12d803.jpeg" title="bousai-6.jpeg" height="442" width="342" alt="bousai-6.jpeg" class="image-inline"/></td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; <p>こちらも、ペットボトルと砂と水、画鋲だけで簡単に作れます。ただ、水を入れる際に空気を入れないように気をつける必要があるとのことです。</p>&#13; <p>?子ども達も<br/>「こんなに揺れているよー。」<br/>「ペットボトルにドンっとしたら、画鋲が出てきた~。」<br/>「エッキー、きらきらボトルみたいでおもしろい。」<br/>「でも、なんでこうなるの?」<br/>と、起こっている現象を不思議に思う子ども達もいました。<br/>子ども達だけでなく、大人も製作活動を行っていただきました。</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-7.jpeg/@@images/9efb61cc-6c68-486d-aef5-4c8d61cffc24.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="bousai-7.jpeg" height="576" width="441" alt="bousai-7.jpeg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; </div>&#13; <div>&#13; <div>&#13; <h2>防災グッズ、備えていますか?</h2>&#13; <p>今回は、イベント参加するにあたって、「もし、災害が発生して、自分の家に居ることが出来ない場合、避難所に移動する際に持参するものを考えて、持参してきてください」と案内をしていたところ、スリッパ、ホッカイロ、中にはブランケットを持ってきた方もいらっしゃいました。</p>&#13; <p>竹内先生も、防災グッズを備えているとのことで、先生ご自身がバッグを<span>2</span>つに分けている点をはじめ、お子さんが持参する防災リュックについても紹介いただきました。</p>&#13; <p>会場にも、防災リュックを持ってきている子どもがいましたので、中身を紹介してもらいました。</p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-8.jpeg/@@images/c0452c4e-544e-4245-9ad7-c3a75f5ef697.jpeg" title="bousai-8.jpeg" height="503" width="388" alt="bousai-8.jpeg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><span>?</span>竹内先生:「お菓子とかたくさん出てくるかなと思っていたけど、お菓子は入ってないですね。」<br/>「市販の防災ボトル、こういうのもいいですね。笛やフック、アルミのシート、アルミのシートは保温効果もありますよ」</p>&#13; <p>自治会長さんから、<br/>自治会長:「社会人になったばかりの頃、作業の関係で現場に行くこともあったので、その際は、透明のビニール袋、笛、これは必ず持っていっていました」とコメントいただきました。</p>&#13; <p>自分の身は自分で守る、まさに、何か発生した際の備えというものは身近なもので準備できます。</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-9.jpeg/@@images/b41585cd-f617-4237-8421-8ef03adb4d16.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="bousai-9.jpeg" height="585" width="448" alt="bousai-9.jpeg" class="image-inline"/></p>&#13; <p/>&#13; <br/>&#13; <p>地域の方々からも、<br/>「防災グッズ、全然準備していなかったので、帰って早々、バックに大量の防災グッズを入れました!」<br/>「防災リュックの話も聞けて勉強になりました。我が家は見直しが必要そうです。」 <br/>「早めの防災グッズの見直しを行います。」<br/>「熊本地震から8年も経つので、もう熊本は来ないだろうって思っていました。けれども、いつ発生するかわからないので、あらためて、防災グッズを準備しなきゃと思いました」<br/>など、多くのコメントをいただきました。</p>&#13; <p>今年度の小学1年生は熊本地震が発生した年に産まれた子ども達です。ですので、多くは熊本地震を経験していません。<br/>そんな中、一人の小学1年生が、お母さんが仕事で参加できなかったので、家に帰ってから、色々とお母さんにイベントで学んだことを教えたそうです。</p>&#13; </div>&#13; <div>&#13; <p>最後に小学生代表から御礼の言葉をいただきましたが、その内容で、<br/>「おじいちゃん、おばあちゃんが住んでいる地域は南海トラフ地震が発生すると被害が出るかもしれない地域なので、今日学んだことを教えてあげようと思いました」という言葉がとても印象的でした。</p>&#13; <p/>&#13; <p>◆:今回は、地震の大きさで建物の揺れの違いを学ぶ工作や、ペットボトルを使って液状化の現象を知る工作、身近なものを準備することで、自分の身を守る、まさに防災について考えるいい機会になったかと思います。</p>&#13; <p><span>?</span>竹内先生:体育館がとても寒かったですね。「ここに避難するなら何が必要か」と具体的に準備物を考えるきっかけにもなったと思います。備えることを「恥ずかしい」と思わず、「大げさだ」とか「なんとかなる」という他人の評価に惑わされずに楽しく取り組んでもらえたらと思います。</p>&#13; <p>喜志永さん:このような地震被害の仕組みを再現したおもちゃ工作が、子ども達が防災について考える第一歩になってほしいです。</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/bousai_file/bousai-10.jpeg/@@images/ef379596-ce48-403c-9c69-71bca0161a32.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="bousai-10.jpeg" height="472" width="635" alt="bousai-10.jpeg" class="image-inline"/></p>&#13; <p>                                             (<span>2024</span>年2月26日掲載)</p>&#13; <p/>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p style="text-align: center;">     </p>&#13; </div>&#13; <div style="text-align: justify;">&#13; <p style="text-align: right;">                                          </p>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher その他 ページ ジェトロと包括的連携推進協定を締結しました_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/0phude <![CDATA[<p>熊本大学とジェトロ、包括的連携推進協定を締結</p>&#13; <p>―両者の強みを生かしグローバルな人材育成、伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】、イノベーションを促進<span>―</span></p>&#13; <p>国立大学法人熊本大学(以下「熊本大学」)と独立行政法人日本貿易振興機構(以下「ジェトロ」)は、この度、グローバル人材の育成、グローバル伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】の推進、グローバル?イノベーションの促進の<span>3</span>本を柱にした包括的連携推進協定を締結したことをお知らせいたします。</p>&#13; <p>今回の協定締結を契機として、熊本大学が擁する人材や研究開発力という強みと、海外<span>55</span>か国<span>75</span>都市、国内すべての都道府県に事務所を持つジェトロの国内外のネットワークという強みを組み合わせることで、世界を視野に入れたイノベーションの創出を推進し、熊本周辺地域および我が国の経済発展と人材育成に貢献することを目指します。</p>&#13; <p><u>Ⅰ 本協定の主な内容</u></p>&#13; <p>1.グローバル人材の育成</p>&#13; <p>熊本大学の在学生?留学生とジェトロがネットワークを有する外国企業、在日外資系企業との交流会機会を創出します。これに加えグローバル志向を持つ熊本大学の在学生?留学生?研究者に対し、ジェトロが実施する起業家育成を図るための海外派遣事業を紹介し、海外市場を視野に入れたグローバルなビジネス展開ができる人材の育成につなげます。</p>&#13; <p>2.グローバル伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】の推進</p>&#13; <p>熊本大学が擁する優れた研究者とジェトロがネットワークを有する外国企業や在日外資系企業、研究開発拠点等との交流を促します。加えて、ジェトロのエコシステム支援事業を活用し、熊本周辺地域エコシステムを支える地域自治体や産業界とも連携して、積極的に熊本大学と海外の企業やスタートアップとの交流機会を提供します。これにより、グローバル伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】の推進を目指します。</p>&#13; <p>3.グローバル?イノベーションの促進</p>&#13; <p>グローバル志向を持つ熊本大学発ベンチャーや熊本大学の研究者が起業したスタートアップに対し、ジェトロが有する海外の現地ネットワークによる多様な海外展開支援を行うことで、熊本大学関連スタートアップのイノベーションを促進します。</p>&#13; <p><u>Ⅱ これまでの連携事例</u></p>&#13; <p>1.ジェトロの海外展開支援事業の事前プログラムに熊大関連スタートアップが参加</p>&#13; <p>ジェトロはスタートアップ向け海外展開支援事業を実施していますが、同事業への採択を目指すスタートアップ向けの事前準備プログラムを<span>2023</span>年4月~9月に、熊本市にて、ジェトロと熊本市の共催で実施しました。このプログラムに熊大発ベンチャーや熊大研究者創業のスタートアップが参加しました。</p>&#13; <p>2.外資系企業と全国大学の在学生、留学生をつなぐオンライン?イベント</p>&#13; <p>2023年<span>11</span>月に、フィリップス?ジャパン等日本で活躍する外資系企業と全国の大学(ジェトロが連携推進協定を結ぶ大学など)の在学生、留学生をつなぐオンライン?イベントをジェトロが実施した際、熊本大学も共催し、学生も参加しました。</p>&#13; <p>3.熊本県庁と共催で、熊本への進出を促す台湾スタートアップを招聘。</p>&#13; <p>2024年1月にジェトロが熊本県庁と共催で、熊本への進出を促す台湾スタートアップを招聘。その際に実施した熊本のスタートアップと交流するイベントに熊大発ベンチャーが参加し、また、台湾スタートアップの訪問を熊本大学が受け入れました。</p>&#13; <p>4.ジェトロのオンライン?ビジネスマッチング事業</p>&#13; <p>現在実施中の外国企業と日本の研究機関、企業との連携を進めるジェトロのオンライン?ビジネスマッチング事業に熊本大学の研究者が参加し、海外企業と面談予定です。</p>&#13; <p>5.ビジネスプラットフォーム「ジャパン?イノベーションブリッジ:<span>J-Bridge</span>」</p>&#13; <p>ジェトロが実施する、日本の企業や研究機関と海外スタートアップ等との国際的なオープンイノベーション創出のためのビジネスプラットフォーム「ジャパン?イノベーションブリッジ:<span>J-Bridge</span>」に、熊本大学の研究者が登録しています。</p>&#13; <p><u/></p>]]> No publisher その他 ページ 血管が枝分かれするのに必須な因子の同定-抗老化転写因子が血管では分岐安定化をもたらす-_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /whatsnew/seimei-sentankenkyu/20240220 <![CDATA[<p>【ポイント】</p>&#13; <ul>&#13; <li>血管新生増殖因子(VEGF)に向かって血管が枝分かれする際、その枝の向きをガイドする先端の内皮細胞(Tip)とTipに追随し増殖する(枝を伸ばす)内皮細胞(Stalk)が存在します。このTip-Stalkを規定する転写システムを明らかにしました。</li>&#13; <li>長期のVEGF刺激を受けたTip細胞では転写因子FOXO1*1が核内移行し、Tip細胞を運命付ける遺伝子セットを発現誘導する一方、Stalk細胞での増殖を誘導するNotch シグナル*2を抑制します。さらにNotchシグナルはFOXOシグナルを抑制することで StalkがTip細胞にならないように相互に牽制するシステムが成り立っていることを示しました。</li>&#13; <li>FOXO1は長寿関連転写因子として知られており、内皮細胞においては血管成熟に不可欠です。加齢の転写システムを明らかにすることで、超高齢社会での血管病変(がん転移?動脈硬化)に関するシステム解明に繋がることが期待されます。<br/><br/><br/></li>&#13; </ul>&#13; <p>【概要説明】</p>&#13; <p> 熊本大学生命資源研究?支援センター 分子血管制御分野の南 敬 教授らの研究グループは、血管内皮細胞を用いたVEGF刺激での次世代シークエンス網羅解析によって、血管分岐先端部 (Tip) では核内移行した転写因子 FOXO1 が、(1)Tip 細胞を運命付ける遺伝子セットを包括的に発現誘導すること、(2)Notchシグナルを抑制しStalk化を防護すること、(3)内皮分化を決定するマスター転写因子とともに、内皮特異的なエピゲノム-クロマチン構造変化を促し、血管成熟に関する遺伝子セットを誘導することを明らかにしました。これまで全身性のFOXO1欠損マウスでは血管ネットワークの形成不全で胎生致死になることが報告されていましたが、血管に特化したその病態メカニズムの詳細は分かっていませんでした。FOXO1転写因子はあらゆる細胞に存在し、特に長寿を促すものとして、抗酸化ストレスや飢餓代謝に関与することがクローズアップされています。一方、細胞毎に結合できる領域が異なり、違った機能を発揮します。実際、今回の研究でも免疫細胞ではアポトーシス関連遺伝子の発現制御領域に結合するのに対し、内皮細胞では全く異なる血管分岐や内皮成熟に関わる遺伝子制御領域に特異的に結合しました。即ちFOXO1の転写活性化が血管ネットワークの維持に不可欠であることが示され、FOXO1がないことで血管不全により致死になる病態を改めてメカニズム論として解明することに成功しました。<br/>?? ?高等動物は血管ネットワークを正常に獲得することで、正常に発生し、臓器に酸素や栄養を送り大きくなります。一方、生活習慣病として知られる高血圧?動脈硬化?糖尿病含めヒトは血管から老いていきます。今後、本研究成果は抗加齢転写因子FOXOに基づいた血管老化のメカニズム解明と生活習慣病?血管病変の原理解明に役立つことが期待されます。<br/>本研究成果は令和6年2月16日に、Cell Press 誌「iScience」に掲載されました。<br/> また、本研究は文部科学省科学研究費助成事業(21H02917?19H04972)、公益財団法人小野医学研究財団、公益財団法人先進医薬研究振興財団、公益財団法人武田科学振興財団及び国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「次世代研究者挑戦的研究プログラム」(JPMJSP2127)、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)(23gm1710009s0301)の支援を受けて実施したものです。<br/><br/></p>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p>【展開】</p>&#13; <p> 超高齢社会を迎え、我が国では転移や再発を伴う悪性がんや脳梗塞?心血管疾患での死亡率は増加の一途にあります。これら三大疾病には血管病態が密接に関わっており、「ヒトは血管とともに老いる」という米国の医学者ウィリアム?オスラー博士(1849-1919)の格言にあるように、血管の分岐と成熟化(血管新生)や炎症、加齢に伴う機能低下の分子メカニズムを解明することが極めて重要となっています。FOXO1 は長寿?抗老化タンパクとして認知されていましたが、今回血管でのエピゲノム環境変化を伴って、安定化?成熟化の分子機構が明らかになったことより、この転写ネットワークを応用した抗血管病に至る新規機構解明に将来繋がることが期待されます。</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p>【用語解説】</p>&#13; <p>※1 FOXO1: フォークヘッド(Fox)ドメイン(DNA マイナー鎖への結合によりクロマチン構造変化をもたらす)をもつOtype1番目の転写因子。様々な細胞で発現しており、飢餓応答やインスリンでの糖新生や解糖系の調節にも関与することが知られている。<br/>※2 NOTCH シグナル: 節足動物から高等動物に至るまで保存された発生?分化に寄与する細胞間シグナル。Notch リガンドとその受容体の結合により受容体が切断され、C末断片(N1CD) が核内移行し転写活性化が生じる。<br/><br/><br/><br/></p>&#13; <p/>&#13; <p>【論文情報】</p>&#13; <p>論文名:FOXO1 stimulates tip cell-enriched gene expression in endothelial cells<br/><br/>著者:Yuri Miyamura1#, Shunsuke Kamei1#, Misaki Matsuo2, Masaya Yamazaki3, Shingo Usuki4, Keiichiro Yasunaga4, Akiyoshi Uemura5, Yorifumi Satou2, Hiroto Ohguchi6, Takashi Minami1, 7*<br/><br/>掲載誌:iScience-Cell Press 誌<br/>doi:<a href="https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004224003821?via%3Dihub">https://doi.org/10.1016/j.isci.2024.109161</a><br/>URL:<a href="https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004224003821?via%3Dihub">https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004224003821?via%3Dihub</a></p>&#13; <p>【詳細】 <a href="/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2023-file/release240220.pdf">プレスリリース</a>(PDF499KB)</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/katudou/SDGs/file/i/icon.png/@@images/39207fe2-5580-4840-9714-48e1fc6172fc.png" title="icon.png" alt="icon.png" class="image-inline"/> <img src="/daigakujouhou/katudou/SDGs/file/i/sdg_icon_03_ja_2.png/@@images/9ffb7138-bfaf-4665-a923-62edf9423d6d.png" title="sdg_icon_03_ja_2.png" alt="sdg_icon_03_ja_2.png" class="image-inline"/></p>&#13; <p><a href="/daigakujouhou/katudou/SDGs/index"><熊本大学SDGs宣言></a></p>&#13; <p/>&#13; <address>&#13; <p><strong> お問い合わせ</strong></p>&#13; <p>熊本大学生命資源研究?支援センター<br/>分子血管制御分野<br/>担当 教授 南 敬<br/>電話:096-373-6500<br/>E-mail: t-minami※kumamoto-u.ac.jp</p>&#13; <p>(※を@に置き換えてください)</p>&#13; </address>]]> No publisher 研究 ページ 定例学長記者懇談会を開催しました_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /whatsnew/koho/2023/copy_of_20230112 <![CDATA[<p> 令和6年2月14日(水)、<span>本部棟</span><span>1</span><span>階大会議室</span>にて定例学長記者懇談会を開催しました。</p>&#13; <p> 小川 久雄学長の挨拶に続き、令和5年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業に採択された「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(女性リーダー育成型)」の取り組みについてダイバーシティ推進室 前田 ひとみ室長?副学長が説明しました。前田室長は、女性研究者輩出や上位職登用を促進するために本学が取り組んできたプロジェクトの内容と課題を報告し、「女性研究者育成のさらなる加速化を実現するために、個性と能力を十分に発揮し、持続可能な開発を目指した大学改革に全力で取り組んで行く」と語りました。                                                                                                                                                                                                                                              </p>&#13; <p> 続いて、工学部情報電気工学科4年 松野 仁志さんが「熊本版未踏的プロジェクトIPPO」プロジェクト採択について報告しました。松野さんは、現在美術キュレーターが美術作家を発掘できるリサーチアプリの開発に取り組んでいます。来月本学を卒業し、県外へ進学することが決まっていますが「熊本では多くの人にお世話になったし、今後もお世話になると思う。情報工学と現代美術の二つの分野の知見を高めつつ、美術作家のキャリアや美術業界の新しい価値創造ができるようなプロジェクトないし個人になっていきたい」と今後の意気込みを語りました。</p>&#13; <p> 最後に大鷲 <span>正和</span>研究?社会連携部長からこれまでに実施したクラウドファンディングについて報告があり、会は終了しました。参加した報道機関からはそれぞれの発表に関して多くの質問があり、活発な意見交換が行われました。</p>&#13; <p><span>懇談会の資料は </span><a href="/daigakujouhou/kouhou/kisyakon_file/kisyakon240222.pdf">こちら</a><span> を参照してください。  </span></p>&#13; <p>&#13; &#13; </p>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table class=" noborder" style="width: 820px;">&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 300px;">&#13; <td style="width: 414.125px; height: 300px;">&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2023/copy4_of_20240215-4/@@images/85d555df-1e3d-4478-baf2-27ac795ed5fa.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="&#x5B66;&#x9577;.jpg" height="224" width="284" alt="&#x5B66;&#x9577;.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"><span>小川学長</span></p>&#13; </td>&#13; <td style="width: 398.875px; height: 300px;">&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2023/20240222-2/@@images/15e3af0c-04fd-4c56-9c70-c8e2785838ad.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="&#x524D;&#x7530;&#x5148;&#x751F;.jpg" height="207" width="281" alt="&#x524D;&#x7530;&#x5148;&#x751F;.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"><span>前田ダイバーシティ推進室長<br/></span></p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 300px;">&#13; <td style="width: 414.125px; height: 300px;">&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2023/20240222-1/@@images/dc61ad5d-30e2-42a1-beb6-35950ebc5c6f.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="&#x677E;&#x91CE;&#x3055;&#x3093;.jpg" height="224" width="284" alt="&#x677E;&#x91CE;&#x3055;&#x3093;.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"><span>松野さん<br/></span></p>&#13; </td>&#13; <td style="width: 398.875px; height: 300px;">&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2023/20240222-3/@@images/9c8d0b61-46ba-46a9-97dd-476a3aface1a.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="&#x30AF;&#x30E9;&#x30D5;&#x30A1;&#x30F3;.jpg" height="207" width="281" alt="&#x30AF;&#x30E9;&#x30D5;&#x30A1;&#x30F3;.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"><span><span style="color: #242424; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">大鷲</span><span style="color: #242424; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">研究?社</span><span class="markczzukuyyj" style="border: 0px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-variant-numeric: inherit; font-variant-east-asian: inherit; font-variant-alternates: inherit; font-weight: 400; font-stretch: inherit; font-size: 14.6667px; line-height: inherit; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-optical-sizing: inherit; font-kerning: inherit; font-feature-settings: inherit; font-variation-settings: inherit; margin: 0px; padding: 0px; vertical-align: baseline; color: #242424; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;">会</span><span style="color: #242424; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">連携部</span>長</span></p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 19px;">&#13; <td colspan="2" style="width: 813px; height: 19px;"/>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; <p>&#13; &#13; </p>&#13; <p/>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <p>&#13; &#13; </p>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <p>&#13; &#13; </p>]]> No publisher その他 ページ 音楽ホール 貸し出し開始!_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /whatsnew/kyouiku/s425nm <![CDATA[<p>音楽ホールの貸し出しについては、<span style="color: #242424; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">以下URLにアクセスしてください。</span><br style="color: #242424; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;" aria-hidden="true"/><a href="https://kurokami.educ.kumamoto-u.ac.jp/hall/" id="LPlnk871736" target="_blank" rel="noopener noreferrer" style="border: 0px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-variant-numeric: inherit; font-variant-east-asian: inherit; font-variant-alternates: inherit; font-weight: 400; font-stretch: inherit; font-size: 14.6667px; line-height: inherit; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-optical-sizing: inherit; font-kerning: inherit; font-feature-settings: inherit; font-variation-settings: inherit; margin: 0px; padding: 0px; vertical-align: baseline; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; background-color: #ffffff;">https://kurokami.educ.kumamoto-u.ac.jp/hall/</a></p>&#13; <p/>&#13; <p><img src="/whatsnew/kyouiku/08vt4i/@@images/d5865b05-e1ef-4606-aab0-cd7ddd6377b8.jpeg" title="&#x97F3;&#x697D;&#x68DF;&#x30DB;&#x30FC;&#x30EB;&#x5199;&#x771F;" alt="&#x97F3;&#x697D;&#x68DF;&#x30DB;&#x30FC;&#x30EB;&#x5199;&#x771F;" class="image-inline"/></p>]]> No publisher その他 ページ 令和6(2024)年度前期 授業料免除の実施について【24.02.19更新】_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/3l24cb <![CDATA[<div><span class="fontcolor1 fontL">■</span>日本人 新入生の入学料?授業料免除に関する<span>HP</span>は<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/menjo" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら</a>) (入学料免除?徴収猶予のページへ)</div>&#13; <div> <span class="fontcolor1">※ 令和6年4月進学予定者(学部→大学院修士課程、大学院修士課程→博士課程)は新入生として申請してください。</span></div>&#13; <div><span class="fontcolor1 fontL">■</span>私費外国人留学生の入学料免除?徴収猶予及び授業料免除に関する英語版<span>HP</span> 新入生は<a href="https://ewww.kumamoto-u.ac.jp/en/news/522/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら</a> 在学生は<a href="https://ewww.kumamoto-u.ac.jp/en/news/523/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら</a></div>&#13; <div><span class="fontcolor1 fontL">■</span><span>Regarding of Application for Admission Fee Exemption / Postponement and Tuition Fee Exemption for Privately Financed International Students (English ver. website)? Newly enrolled students:?<a href="https://ewww.kumamoto-u.ac.jp/en/news/522/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">here</a>? Current students:?<a href="https://ewww.kumamoto-u.ac.jp/en/news/523/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">here</a></span></div>&#13; <p>?</p>&#13; <h2>〈はじめに〉</h2>&#13; <div>  熊本大学では、「高等教育の修学支援新制度(以下「新制度」という。)」による授業料免除」と、「熊本大学独自の授業料免除制度(以下「独自制度」という。)」の2つの制度により免除を実施しています。</div>&#13; <div> 新制度は、日本人学部生を対象として、令和2年度から始まった住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯を対象とした制度です。日本学生支援機構給付奨学金を申請し、給付奨学生として採用された際に決定する支援区分に応じた免除を受けることができます。</div>&#13; <div> 日本人学部生は、基本的に新制度への申請しかできませんが、一定の要件を満たす場合に、独自制度(学資負担者死亡等枠、災害枠、コロナ枠、修学支援新制度要件外枠)に申請できます。</div>&#13; <div> 独自制度は、大学院生及び私費外国人留学生を対象として、経済的理由などにより納付が困難な学生を対象とした制度です。</div>&#13; <div> 授業料免除申請者は、結果が発表されるまで納付が猶予されますので、入学料及び授業料を納めないでください。原則として納付後の返還はしません。</div>&#13; <div> ※ 授業料の口座振替を指定している者は、授業料免除を申請することで引き落としがされません。</div>&#13; <p/>&#13; <h2>修学支援新制度による授業料免除について(日本人学部生のみ対象)</h2>&#13; <h4>?【概要】</h4>&#13; <p> 令和2年度から始まった住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯を対象とした新制度による授業料免除です。日本学生支援機構給付奨学金を申請し、給付奨学生として採用された際に決定する支援区分(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ)に応じた免除が実施されます。</p>&#13; <h4>?【対象者】</h4>&#13; <div>  1.日本人学部生で、日本学生支援機構の給付奨学生(新制度)に採用されている者</div>&#13; <div>  2.令和6年4月に日本学生支援機構給付奨学金の「在学採用」に申請を予定している者</div>&#13; <p>  3.予期できない事由により家計が急変した者</p>&#13; <h4>【申請方法】</h4>&#13; <p>  申請方法は <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/syugakushien/o9u7nz" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら</a></p>&#13; <h2>熊本大学独自の授業料免除(大学独自制度)について</h2>&#13; <h4>?【概要】</h4>&#13; <p> 従来から実施している独自制度による授業料免除で、本学の基準に基づく審査により「全額免除」、「半額免除」又は「不許可」が決定されます。</p>&#13; <h4>?【対象者】</h4>&#13; <div> (一般枠)</div>&#13; <div>  1.大学院生</div>&#13; <div>  2.私費外国人留学生(学部生及び大学院生) </div>&#13; <p>  3.令和元<span>(2019)</span>年度に独自制度による授業料免除の申請実績がある学部生(以下「経過措置者」という。)</p>&#13; <div>? (学資負担者死亡等枠:災害救助法適用外)</div>&#13; <p>  4.免除申請前6ヶ月以内において、学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し、又は申請者本人若しくはその学資負担者が風水害等の被害を受けたことにより、授業料の納付が著しく困難と認められる者</p>&#13; <div>? (学資負担者死亡等枠:災害救助法適用)</div>&#13; <p>  5.災害発生後1年以内に納付する授業料について、学資負担者が災害救助法適用地域に居住し、学資負担者が死亡(行方不明を含む。)したことにより授業料の納付が著しく困難と認められる者</p>&#13; <div>? (災害枠:災害救助法適用)</div>&#13; <p>  6.災害発生後1年以内に納付する授業料について、学資負担者が災害救助法適用地域に居住し、公的機関発行の罹災証明書により、その家屋が全壊、大規模半壊、半壊又は床上浸水であると証明された者</p>&#13; <div>? (コロナ枠)</div>&#13; <div>  7.伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】感染症の影響により家計が急変した世帯の者で、以下のいずれかの要件に当てはまる者</div>&#13; <div>    ①国や地方公共団体から、伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】感染症の感染拡大による収入減少があった者等を支援対象として実施する公的支援を受けた者</div>&#13; <p>    ②伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】感染症の影響により、令和6年度の世帯の収入見込みが、令和元年度から令和5年度までの期間と比較して1/2以下になったことにより授業料の納付が著しく困難と認められる者</p>&#13; <div>? (修学支援新制度要件外枠)<span class="fontcolor1">※日本人学部生のみ</span></div>&#13; <div>  8.日本人学部生で新制度の認定要件外となっている者のうち高等学校等を卒業した年度の翌年度の末日から大学に入学した日までの期間が2年を超えている者「(多浪生)」で、授業料の納付が著しく困難と認められる者</div>&#13; <div> 《例:「○」2020年3月に高校を卒業し、2023年4月に本学入学</div>&#13; <p>    ? 「×」2021年3月に高校を卒業し、2023年4月に本学入学》</p>&#13; <div>?  <u>※3.に該当する学生でも、新制度の申請要件を満たしている場合は、独自制度のみ申請することは認められません。必ず新制度の給付奨学金及び授業料免除も申請してください。</u></div>&#13; <div>  ※4.の「免除申請前6ヶ月以内」とは、令和5年10月1日~令和6年3月31日の期間です。</div>&#13; <p>  ※8.の(修学支援新制度要件外枠)での申請を希望する者で、自身が該当するか不明な場合は、【お問い合わせ】にメールで相談してください。</p>&#13; <h4>【申請方法】</h4>&#13; <p>  申請方法は <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/dokujijumen" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら</a></p>]]> No publisher 学生 ページ The 21st IRCMS Symposium on The Dynamics and Development of Normal and Malignant Hematopoietic Stem Cells を開催します_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /kenkyuu_sangakurenkei/kenkyuu/news/5jtfs3 <![CDATA[<div id="rich-editor" class="rich-editor">このたび<a href="https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">国際先端医学研究機構 (IRCMS)</a>では、日本学術振興会 2020年度採択課題「ストレス造血と白血病病態解析のための基礎?臨床研究共同体の構築」(熊本大学)における研究活動の一環として、下記のとおりシンポジウムを開催いたします。</div>&#13; <div class="rich-editor"/>&#13; <div class="rich-editor">&#13; <p><span style="color: #0000ff;">※</span><span style="color: #0000ff;">参加をご希望の場合は下記URLよりご登録ください。</span><br/><span style="color: #0000ff;"><a href="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd1_g9J4JFkmx-d5sQyEH1k4OPw6o6v_G42C6KWVQgsU-lQDg/viewform" target="_blank" rel="noopener noreferrer">https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd1_g9J4JFkmx-d5sQyEH1k4OPw6o6v_G42C6KWVQgsU-lQDg/viewform</a></span></p>&#13; <p><span style="color: #000000;"/></p>&#13; <p><span style="color: #000000;"/></p>&#13; <p><span style="color: #000000;">日 時:令和 6 年 2 月 20 日(火)13:00 pm~ 17:40 pm</span><br/><span style="color: #000000;">    令和 6 年 2 月 21日 (水)? 9:00 am~ 12: 20 pm</span></p>&#13; <p><span style="color: #000000;"/></p>&#13; <p><span style="color: #000000;">講演者:</span></p>&#13; <div class="rich-editor"><strong>Yuichiro Arima</strong> (Kumamoto University)<br/><strong>Nariko Arimura</strong> (Tohoku University)<br/><strong>Takayuki Hoshii</strong> (Chiba University)<br/><strong>Atsushi Iwama</strong> (University of Tokyo)<br/><strong>Makoto Makishima</strong> (Nihon University)<br/><strong>Kenichi Miharada</strong> (Kumamoto University)<br/><strong>Satoru Miyagi</strong> (Shimane University)<br/><strong>Goro Sashida</strong> (Kumamoto University)<br/><strong>Yorifumi Sato</strong> (Kumamoto University)<br/><strong>Toshio Suda</strong> (Kumamoto University)<br/><strong>Hitoshi Takizawa</strong> (Kumamoto university)<br/><strong>Takanori Teshima</strong> (Hokkaido University)<br/><strong>Hannah Uckelmann</strong> (Goethe University Frankfurt)<br/><strong>Satoshi Yamazaki</strong> (University of Tokyo)<br/><strong>Junichiro Yasunaga</strong> (Kumamoto University)</div>&#13; <div class="rich-editor"/>&#13; <div class="rich-editor">【フライヤー】<br/>&#13; <p><a href="/kenkyuu_sangakurenkei/kenkyuu/news/d55b2e" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="/kenkyuu_sangakurenkei/kenkyuu/news/d55b2e/@@images/37f3a729-b443-4b75-aa88-10dc16188418.jpeg" title="&#x30D5;&#x30E9;&#x30A4;&#x30E4;&#x30FC;pptx&#x8868;.jpg" alt="&#x30D5;&#x30E9;&#x30A4;&#x30E4;&#x30FC;pptx&#x8868;.jpg" class="image-inline"/></a></p>&#13; <p><a href="/kenkyuu_sangakurenkei/kenkyuu/news/iu8n0x" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="/kenkyuu_sangakurenkei/kenkyuu/news/iu8n0x/@@images/8fd4ef5a-5558-4f16-97a0-9bd52c6a882c.jpeg" title="&#x30D5;&#x30E9;&#x30A4;&#x30E4;&#x30FC;pptx.jpg" alt="&#x30D5;&#x30E9;&#x30A4;&#x30E4;&#x30FC;pptx.jpg" class="image-inline"/></a></p>&#13; <p>?????????????????????????????????????????????????????? [<a href="/kenkyuu_sangakurenkei/kenkyuu/news/Program.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">プログラム</a>]</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p>IRCMSウェブサイト:<a href="https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/news/2024/01/feb-20-21-the-21st-ircms-symposium-on-the-dynamics-and-development-of-normal-and-malignant-hematopie.html" target="_blank" rel="noopener noreferrer">https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/news/2024/01/feb-20-21-the-21st-ircms-symposium-on-the-dynamics-and-development-of-normal-and-malignant-hematopie.html</a></p>&#13; <p/>&#13; <p>〈問い合わせ先〉</p>&#13; <p>熊本大学 国際先端医学研究機構(<span>IRCMS</span>)</p>&#13; <p>担当:坂井?渡辺</p>&#13; <p><span>Mail</span>:<span> ircms@jimu.kumamoto-u.ac.jp</span></p>&#13; <p><span>Twitter</span>:<span> <a href="https://twitter.com/IRCMS_KU" target="_blank" rel="noopener noreferrer">https://twitter.com/IRCMS_KU</a></span></p>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 在学生 卒業生 一般 イベント オミクロンXBB.1.5のウイルス学的特性の解明~伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】の生態の全容解明に貢献すると期待~_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /whatsnew/seimei-sentankenkyu/20240216 <![CDATA[<p>【ポイント】</p>&#13; <ul>&#13; <li>オミクロン<span>XBB.1.5</span>のウイルス学的特性を多角的に解明。</li>&#13; <li>ウイルスの性状変化に関与するウイルスタンパク質とそのアミノ酸を同定。</li>&#13; <li>伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】の生態の全容解明に貢献する研究成果。<br/><br/></li>&#13; </ul>&#13; <p>【発表概要】</p>&#13; <p> 北海道大学大学院医学研究院の福原崇介教授、田村友和講師、研究コンソーシアム「The Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan)」*1らの研究グループは、2022年10月ごろに出現したオミクロン*2XBB.1.5のウイルス学的特性を明らかにしました。<br/>XBB.1.5は、それ以前に流行していたXBB.1と比較して、スパイクタンパク質*3とORF8タンパク質*4にアミノ酸の点変異*5を持つことが分かっていました。しかし、なぜ二つのアミノ酸の違いで、XBB.1.5が流行するに至ったのかは不明でした。本研究では、このXBB.1.5について系統進化、スパイクタンパク質の構造及びウイルス学的解析を行うことで、多角的にその特性を解析しました。<br/> まず、オミクロンの系統進化学的解析を行ったところ、XBB.1.5で認めた二つの変異はORF8、スパイクの順に出現したことが分かりました。次に、直接の祖先であるXBB.1とXBB.1.5を用いて、中和試験*6を実施したところ、同等の中和感受性を示すことが分かりました。クライオ電子顕微鏡を用いた解析ではXBB.1とXBB.1.5のスパイクタンパク質と伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】の感染受容体であるACE2*7との相互作用の違いは認めませんでした。さらに、合胞体形成活性*8、培養細胞及びオルガノイドでの増殖能もXBB.1とXBB.1.5との間で有意な差を認めませんでした。一方で、ハムスターモデルにおけるXBB.1.5の病原性はXBB.1.よりも低いことが明らかとなりました。そこで、ウイルスの弱毒化のメカニズムを明らかにするために、オルガノイドにおけるMHCクラスI分子*9の発現を調べました。その結果、XBB.1.5はXBB.1と比較して、発現の低下が抑えられていないことが分かりました。それぞれの点変異を持つ組換えウイルス*10を作出し、病原性試験を行ったところ、ORF8の機能欠損による免疫抑制機構の低下がXBB.1.5の病原性に関与することを突き止めました。<br/> なお本研究成果は、2024年2月8日(木)公開のNature Communications誌に掲載されました。</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p>【謝辞】</p>&#13; <p> 本研究は、福原教授らに対する日本医療研究開発機構(<span>AMED</span>)「新興?再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業(<span>JP23fk0108617</span>;<span>JP22fk0108516</span>;<span>JP22fk0108511</span>)」、<span>AMED</span>先進的研究開発戦略センター(<span>SCARDA</span>)「ワクチン開発のための世界トップレベル研究開発拠点の形成事業(<span>HU-IVReD</span>、<span>JP223fa627005</span>)、<span>AMED SCARDA</span>「ワクチン?新規モダリティ研究開発事業(<span>JP223fa827001</span>)」、<span>AMED-CREST</span>(<span>JP23gm1610008</span>)、科学研究費助成事業(基盤<span>B</span>、<span>JP21H02736</span>)などの支援の下で実施されました。</p>&#13; <p/>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p>【今後への期待】</p>&#13; <p> 2024年2月現在、オミクロンXBB.1.5はさらに多様化し、その子孫であるHV.1が米国を中心に流行しています。一方、オミクロンBA.2から別に派生したBA.2.86とその子孫であるJN.1が世界的な感染拡大を引き起こしています。今後もオミクロン系統ウイルスの流行、性質、進化の継続的な監視が重要です。<br/>G2P-Japanは、SARS-CoV-2の進化?流行動態を司る原理の解明に関する研究及び出現が続く様々な変異株について、ウイルス学的特性の解析や中和抗体や治療薬への感受性の評価、病原性の研究に取り組んでいます。G2P-Japanでは今後もSARS-CoV-2の変異(Genotype)の早期捕捉と、その変異がヒトの免疫やウイルスの病原性?複製に与える影響(Phenotype)を解明するための研究を推進します。</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p>【用語解説】</p>&#13; <p>*1 研究コンソーシアム「The Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan)」 … 東京大学医科学研究所の佐藤 佳教授が主宰する、若手研究者中心の研究コンソーシアム。日本国内の様々な専門性を持つ若手研究者が参画し、多角的アプローチからウイルスの性質の解明に取り組んでいる。現在では、イギリスを中心とした諸外国の研究チーム?コンソーシアムとの国際連携も進めている。<br/>*2 オミクロン(B.1.1.529, BA系統) … 伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】の流行拡大によって出現した、顕著な変異を有する「懸念すべき変異株(VOC:variant of concern)」の一つ。オミクロンBA.1、オミクロンBA.5、オミクロンBQ.1.1、オミクロンBA.2.75などが含まれる。<br/>*3 スパイクタンパク質 … 伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】が細胞に感染する際に、細胞と結合するためのタンパク質。現在使用されているワクチンの標的となっている。<br/>*4 ORF8タンパク質 … 伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】のアクセサリータンパク質の一つ。ORF8は、免疫機能に重要な役割を持つMHCクラスIタンパク質の働きを抑え、細胞障害性T細胞を介した免疫応答を損なう働きがあると報告されている。<br/>*5 点変異 … DNAあるいはRNAの特定の1塩基が別の塩基に置き換わる変異。<br/>*6 中和試験 … 抗体や抗体を含む血清がウイルスを不活化(中和)する能力を定量するための実験。ウイルスを中和する能力のある抗体は中和抗体と呼ばれる。伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】の場合、中和抗体はスパイクタンパク質に結合することでスパイクタンパク質と感染受容体であるACE2との相互作用を抑制する場合が多い。<br/>*7 ACE2 … Angiotensin-Converting Enzyme 2(アンジオテンシン変換酵素2)の略称で、伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】が細胞に感染する際に受容体として機能する。<br/>*8 合胞体形成活性 … 合胞体とは、伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】に感染した細胞が、スパイクタンパク質を細胞表面に発現し、周囲の細胞と融合することによって形成される大きな細胞塊のこと。合胞体形成活性とは、伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】のスパイクタンパク質を介して、合胞体を形成する能力のこと。<br/>*9 MHCクラスI分子 … 主要組織適合遺伝子複合体(MHC)分子の主要な二つのクラスのうちの一つ。脊椎動物の全ての有核細胞の細胞表面に存在し、抗原提示に重要な役割を果たしている。<br/>*10 組換えウイルス … 遺伝子を任意に組換えたウイルス。法令遵守のもと、任意の変異を持つウイルスを人工的に作出し、性状解析やウイルス学研究に使用する。<br/><br/><br/></p>&#13; <p/>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p>【論文情報】</p>&#13; <p>論文名 Virological characteristics of the SARS-CoV-2 Omicron XBB.1.5 variant(伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 オミクロンXBB.1.5株のウイルス学的性状)</p>&#13; <p>著者名 田村友和1,2,3#、入江 崇4#、出口清香5,#、矢島久乃6#、津田真寿美1,7#、Hesham Nasser8#、水間奎太9#、Arnon Plianchaisuk10#、鈴木紗織1,2#、瓜生慧也10、MST Monira Begum8、清水 凌8、Michael Jonathan8、鈴木理滋1,2、近藤 隆1、伊藤 駿1、上山晟史1、吉松組子11、Maya Shofa12、橋本里菜5、安楽佑樹13、木村香菜子6、喜多俊介13、佐々木慈英6、田畑香織14、前仲勝実13,14、直 亨則3,9(当時)、王 磊1,7、小田義崇1、池田輝政8、齊藤 暁12、松野啓太3,9、伊東潤平10、田中伸哉1,7*、佐藤 佳8,10,*、橋口隆生6*、高山和雄5*、福原崇介1,2,3,15*(1北海道大学大学院医学研究院?大学院医学院?医学部医学科、2北海道大学創成研究機構ワクチン研究開発拠点、3北海道大学One Healthリサーチセンター、4広島大学大学院医系科学研究科、5京都大学iPS細胞研究所、6京都大学医生物学研究所、7北海道大学創成研究機構化学反応創成研究拠点、8ヒトレトロウイルス学共同研究センター熊本大学キャンパス、9北海道大学人獣共通感染症国際共同研究所、10東京大学医科学研究所、11北海道大学遺伝子病制御研究所、12宮崎大学農学部獣医学科、13北海道大学大学院薬学研究院、14九州大学大学院薬学研究院、15大阪大学微生物病研究所、#Equal contribution、*Corresponding author)</p>&#13; <p>雑誌名 Nature Communications(生物科学の一般誌)</p>&#13; <p>DOI <a href="https://www.nature.com/articles/s41467-024-45274-3">10.1038/s41467-024-45274-3</a></p>&#13; <p>公表日 2024年2月8日(木)(オンライン公開)</p>&#13; <p/>&#13; <p>詳細】 <a href="/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2023-file/release240216.pdf">プレスリリース</a>(PDF1,250KB)</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/katudou/SDGs/file/i/icon.png/@@images/39207fe2-5580-4840-9714-48e1fc6172fc.png" title="icon.png" alt="icon.png" class="image-inline"/> <img src="/daigakujouhou/katudou/SDGs/file/i/sdg_icon_03_ja_2.png/@@images/9ffb7138-bfaf-4665-a923-62edf9423d6d.png" title="sdg_icon_03_ja_2.png" alt="sdg_icon_03_ja_2.png" class="image-inline"/></p>&#13; <p><a href="/daigakujouhou/katudou/SDGs/index"><熊本大学SDGs宣言></a></p>&#13; <p/>&#13; <address>&#13; <p><strong> お問い合わせ</strong></p>&#13; <p>熊本大学総務部総務課広報戦略室<br/>電話:096-342-3269<br/>E-mail: sos-koho※jimu.kumamoto-u.ac.jp</p>&#13; <p>(※を@に置き換えてください)</p>&#13; </address>]]> No publisher 研究 ページ あなたの理想を一緒に考える。「図書館TA」のお仕事とは?_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/20240215 <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div style="text-align: justify;">&#13; <p><span/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2022/Amefoot_file/logo.jpg/@@images/34ae22cd-fbf6-47d5-94bb-3e32bd4632b8.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="logo.jpg" height="138" width="545" alt="logo.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p/>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-1.png/@@images/44c0be7f-2093-45d8-920c-02906767196f.png" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-1.png" alt="TA-1.png" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-2.jpg/@@images/a9f86da8-4300-4d96-92f3-20fce31da688.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-2.jpg" height="211" width="351" alt="TA-2.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <div>&#13; <h2/>&#13; </div>&#13; <p style="padding-left: 30px;"/>&#13; <p><strong/>熊本大学図書館に入ると目に入るこのチラシ。</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-3.jpg/@@images/ef1af768-eeeb-4192-8a85-bb5482f1dee8.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-3.jpg" height="426" width="310" alt="TA-3.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; <div style="text-align: justify;">&#13; <p>林「学習やレポートの相談か、、、どんなアドバイスをしてくれるんだろう、図書館ティーチング?アシスタント(以下、図書館<span>TA</span>)ってどんな人たちなんだろう…」</p>&#13; <p/>&#13; <br/>&#13; <p>皆さんこんにちは!学生広報スタッフの林と申します!<br/>今回は、在学生の皆さんにもっと図書館を有効に利用してもらうため、図書館TAの方にお話を伺いました!</p>&#13; <p>今回我々が取材した図書館TAの方がいるのは、熊大図書館中央館を入ってすぐのラーニングコモンズ内にあるブース。<br/>お話を伺ったのは、自然科学教育部博士前期課程理学専攻生物科学コース2年の梶原さんと社会文化科学教育部博士前期課程文化学専攻2年の森田さん。<br/>ほかにも、建築系や材料系などを専門とするTAも在籍しており、自分の専攻や質問内容などに応じて相談する相手を選ぶことができます。</p>&#13; <p>林「普段どのようなサービスを提供されているんでしょうか?」</p>&#13; <p>梶原さん「レポートの取り組み方、資料の探し方などの学習相談を行っていますが、コピー機の使い方を教えてほしいなどの相談が実際は多い印象ですね。」</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-4.JPG/@@images/773e7e8f-771a-47a7-b3ef-2f1888661948.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-4.JPG" height="430" width="649" alt="TA-4.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; <p>              </p>&#13; <p>レポートに悩む私からすると、学生にとってこんなにうれしいサービスが受けられるのに、有効に活用しないのはもったいなく感じてしまいます…。</p>&#13; <p>林「もしレポートで困ったとき、どのように相談すればいいでしょうか?」</p>&#13; <p>森田さん「自分の中で、レポート課題に関するはっきりとした自分自身の回答を持ったうえで相談して頂けるとうれしいです。<span>TA</span>は方法自体はたくさん知っているので、どういった風にアプローチをすればいいのか提案できると思います。」</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-5.JPG/@@images/939b00fc-49c1-496c-83be-41dc07a921bc.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-5.JPG" height="431" width="650" alt="TA-5.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; <p>確かに、学生さんが自分で考える、ということが大切なんですよね。</p>&#13; <p>林「私は法学部の1年生なんですが、今実際に教養科目のレポートの取り組み方について悩んでいる最中でして…どのように取り組めばいいでしょうか?」</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-6.JPG/@@images/790c8a19-466f-4446-a412-46ac4ae80905.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-6.JPG" height="432" width="651" alt="TA-6.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; </div>&#13; <div>&#13; <div>&#13; <p>梶原さん「これで正解、っていうのはないと思います。とにかく乱雑でもいいからたくさん書いて、それを先輩や私たちに見せて、フィードバックを受けるというのがいいと思います。最初から100点満点を目指さないということですね」</p>&#13; <p>森田さん「1、2年生の場合、やっぱり先生にはまだ見せにくいこともあると思うので、そういうときに僕らに頼っていただけると、何かアドバイスができると思います。」</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-7.JPG/@@images/6113726d-25c3-47ed-850b-330a9c88aebf.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-7.JPG" height="430" width="649" alt="TA-7.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; <p>確かに、研究室やゼミがまだ決まっていない1<span>、</span>2年生にとっては、先生より年の近い図書館<span>TA</span>のほうが相談しやすいかも!!</p>&#13; <p>森田さん「僕の気持ちとして、困っている学生と向き合いたいっていうのがあるので、レポートや課題などで悩んでいる学生はまず来てほしいなと思っています!」?</p>&#13; <p>林「こんな悩みを抱えている人にぜひ来てほしい、というのはありますか?」</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-8.JPG/@@images/b50d9262-5222-49eb-b08d-713362c82b68.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-8.JPG" height="430" width="648" alt="TA-8.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; <p>梶原さん「漠然と志はあるけど、どういう風にそれを実現していったらいいのかわからない。そんな人にこそ相談に来てほしいですね。僕の学習相談のイメージとして、自分の目指したい理想があって、この理想に近づくために何をしたらいいのか一緒に考えましょうっていうのがあるんです。その理想を客観視する立場が僕らだと考えていただけたら。今のできることはなんだろう、今好きなこと興味があること、したいことはなんでしたいのか、そのきっかけはなんなのか、そういった探求から、今できることをひとつづつ増やしていく提案ができればと思います。」</p>&#13; <p>なるほど、こんな風に相談にのってもらえるんですね!</p>&#13; <p>林「最後に、これから行っていきたい活動や、熊大生に知ってほしい図書館の情報などがあれば教えてください。」</p>&#13; <p>梶原さん「これまで通りの活動を続けていきたいです。新しいイベントをやるというよりは、今やっているイベントの形式を変えるなど、そういった形で学部生が抱えている不安に向き合う場をつくっていくことが大事だと思います。」</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-9.JPG/@@images/94b2a75f-b649-47f5-9f2f-c9b134de8ba8.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-9.JPG" height="426" width="642" alt="TA-9.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; <p>森田さん「学生の声が一番大事だと思っているので、梶原さんと同じように、学生の意見を吸収していくことでもっともっと良い図書館づくりがしていけるのではないかなと思います。セミナー関連でいうと、前期では図書館の利用案内とレポートの書き方のセミナー、後期ではレポート、卒論の書き方、就活セミナーを行ったりしています。<br/>また図書館ホームページを見るだけでも、こんなイベントが開催されてるんだ!など、いろんな発見があって面白いのでぜひ来てみてください。」</p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-10.JPG/@@images/f4f7fdad-dcf2-4cb9-a831-69e63b2eb8ff.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-10.JPG" height="408" width="649" alt="TA-10.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; <p/>&#13; <p style="text-align: left;">今回の取材で、熊大図書館にはたくさんの魅力がつまっていることが再確認できました!<br/>在学生の皆さんも、より有効に熊大図書館を活用してください!</p>&#13; <p style="text-align: left;"><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/copy_of_kumadai_now_file_2023/toshokanta_file/TA-11.JPG/@@images/0893dd5b-9f2a-4cd5-bf84-5ab38dc2572f.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="TA-11.JPG" height="430" width="650" alt="TA-11.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; <p>? ?      (左から梶原さん、森田さん)</p>&#13; <p/>&#13; <p style="text-align: center;"/>&#13; <p>                                             (<span>2024</span>年2月15日掲載)</p>&#13; <p/>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p style="text-align: center;">     </p>&#13; </div>&#13; <div style="text-align: justify;">&#13; <p style="text-align: right;">                                          </p>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 学生 その他 ページ 志願状況_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /nyuushi/gakubunyushi/shiganjokyo <![CDATA[<h2>令和6年度(2024年度)入試</h2>&#13; <p><span>?<a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r6_siganjokyo20240214.pdf">令和6年度一般選抜志願状況(最終確定)</a>(令和6年2月14日掲載)<br/><strong>??  志願状況掲載スケジュール[予定]</strong><br/>?  ?1月26日(金) 14時頃<br/>?  ?1月30日(火) 14時頃<br/>?  ?2月? 1日(木) 14時頃<br/>?  ?2月? 2日(金) 16時頃<br/>?  ?2月14日(水) 14時頃 志願者最終確定<br/>?<a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r6suisen2shiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和6年度学校推薦型選抜Ⅱ志願状況(最終確定)</a>(令和6年1月25日掲載)<br/>?</span><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r6suisen1shiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和6年度学校推薦型選抜Ⅰ志願状況(最終確定)</a><span>(令和5年11月8日掲載)<br/></span>?<a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r6glcshigansya.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和6年度総合型選抜(グローバルリーダーコース入試)志願状況(最終確定)</a>(令和5年9月11日掲載)</p>&#13; <h2>令和5年度(2023年度)入試</h2>&#13; <p>?<a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r5_siganjokyo20230215.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和5年度一般選抜志願状況(最終確定)</a>(令和5年2月15日掲載)<br/><strong>??  志願状況掲載スケジュール[予定]</strong><br/>?  ?1月27日(金) 14時頃<br/>?  ?1月31日(火)? 14時頃<br/>?  ?2月2日(木)?? 14時頃<br/>?  ?2月3日(金)?? 16時頃<br/>?  ?2月15日(水) 14時頃 志願者最終確定<br/>?<a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/R5gakkousuisen2-shiganzyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和5年度学校推薦型選抜Ⅱ志願状況(最終確定)</a>(令和5年1月25日掲載)<br/>?<a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r5suisen1shiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和5年度学校推薦型選抜Ⅰ志願状況(最終確定)</a>(令和4年11月9日掲載)<br/>?<a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r5sougou-glc-shiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和5年度総合型選抜(グローバルリーダーコース入試)志願状況(最終確定)</a>(令和4年9月13日掲載)</p>&#13; <h2>令和4年度(2022年度)入試</h2>&#13; <ul>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r4_siganjokyo20220128.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和4年度一般選抜志願状況</a>(最終確定)<br/><strong>?? 志願状況掲載スケジュール[予定]</strong><br/>? ?1月28日(金) 14時頃<br/>? ?2月1日(火)?? 14時頃<br/>? ?2月3日(木)?? 14時頃<br/>? ?2月4日(金)?? 16時頃<br/>? ?2月16日(水) 14時頃 志願者最終確定</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r4gakkousuisen2shiganjokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和4年度学校推薦型選抜Ⅱ志願状況(最終確定)</a>(令和4年1月27日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r4kusuisen1shiganjyokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和4年度学校推薦型選抜Ⅰ志願状況(最終確定)</a>(令和3年11月11日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r4glcshigansyasu.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和4年度総合型選抜(グローバルリーダーコース入試)志願状況(最終確定)</a>(令和3年9月10日掲載)</li>&#13; </ul>&#13; <h2>令和3年度(2021年度)入試</h2>&#13; <ul>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r3ippan_kakutei.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和3年度一般選抜志願状況(最終確定)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r3suisen2shiganjokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和3年度学校推薦型選抜Ⅱ志願状況(最終確定)</a>(令和3年1月26日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r3suisen1shiganjyokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和3年度学校推薦型選抜Ⅰ志願状況(最終確定)</a>(令和2年11月16日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/R3glcsiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和3年度総合型選抜(グローバルリーダーコース入試)志願状況(最終確定)</a>(令和2年9月23日掲載)</li>&#13; </ul>&#13; <h2>令和2年度(2020年度)入試</h2>&#13; <ul style="list-style-type: disc;">&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r2ippan_0213_kakutei.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和2年度一般入試志願状況(令和2年2月13日掲載)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r2suisennyuushi2shigan2.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和2年度推薦入試Ⅱ志願状況(最終確定)</a>(令和2年1月27日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r2suisennyushi1shiganjyokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和2年度推薦入試Ⅰ志願状況(最終確定)</a>(令和元年11月8日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/R2glcsiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和2年度アドミッション?オフィス入試(グローバルリーダーコース)志願状況(最終確定)</a> (令和元年9月13日掲載)</li>&#13; </ul>&#13; <h2>平成31年度(2019年度)入試</h2>&#13; <ul style="list-style-type: disc;">&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h31ippan02014.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成31年度一般入試志願状況(最終確定)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/31suisennyushi2shigan.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成31年度推薦入試Ⅱ志願状況(最終確定)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h31suisennyushi1.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成31年度推薦入試Ⅰ志願状況(最終確定)</a> <em><span class="fontcolor1"/></em><span class="fontcolor1"/></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/H31glcsiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成31年度アドミッション?オフィス入試(グローバルリーダーコース)志願状況(最終確定)</a><span class="fontcolor1"><br/></span></li>&#13; </ul>&#13; <p/>&#13; <address><strong> お問い合わせ </strong> <br/> <a href="/../../../form/28"> 学生支援部 入試課 </a> <br/> 096-342-2146</address>&#13; <p/>]]> No publisher 入試 ページ 熊本大学×ニューコ?ワン共同企画 「女子中高生の理系進路選択支援プログラム パネル展示&VR体験」を開催します_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /event/koho/20240317 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="/event/sizen/sizen_file/udvww1" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> </a>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <figure class="e-img-box is-right is-one-fourth">&#13; <p><img alt="" src="../../../resolveuid/d5d667fb313743f0960d0ac192c445f8/@@images/image/large" class="image-inline"/></p>&#13; <p><a href="/event/koho/koho_file/20240317.jpg"><img src="/event/koho/koho_file/20240317.jpg/@@images/c105a503-8b30-4e03-bd96-ca67e23bc337.jpeg" title="20240317.jpg" alt="20240317.jpg" class="image-inline"/>ポスター</a></p>&#13; </figure>&#13; <strong><strong/></strong>&#13; <p> </p>&#13; <p>熊本大学はニューコ?ワン株式会社※との共同企画で、「女子中高生の理系進路選択支援プログラム パネル展示&<span>VR</span>体験」を開催します。</p>&#13; <p>本学では、理系分野における女性人材育成と女性進出を推進するため、平成21年度から女子中高生の理系進路選択支援を行っています。女子中学生、高校生に体験実習を通して理系や科学技術の楽しさ?面白さを伝え、理系分野で活躍している女性のロールモデルを紹介し、理系進路の選択を支援しています。保護者と中学校?高校教員向けの情報発信として講演会や県内企業見学のイベントも毎年実施しています。</p>&#13; <p>当日は、これまでの15年間の活動をパネルにて紹介し、令和4年度から中学校等で実施しているVR(バーチャルリアリティ)体験をしてもらう予定です。</p>&#13; <p><span>皆様のご参加をお待ちしています。</span></p>&#13; <p>?※ニューコ?ワン株式会社は、熊本県内17店舗のTSUTAYAの運営をしている会社です。</p>&#13; <table style="width: 813px;">&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px; width: 130.583px;">開催期間</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 679.417px;">令和6年3月17日(日)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px; width: 130.583px;">時間</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 679.417px;">10:00~16:00</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 130.583px;">場所</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 679.417px;">蔦屋書店熊本三年坂 地下1階イベントスペース <br/>(熊本市中央区安政町1-2)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 130.583px;">対象</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 679.417px;">一般の方(興味がある方はどなたでも。但し、<span>VR</span>体験は10歳以上の方のみ)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 130.583px;">イベント</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 679.417px;">&#13; <p>女子中高生の理系進路選択支援プログラム パネル展示&<span>VR</span>体験</p>&#13; <p>VR体験時間:①<span>10:00-12:00? </span>②<span>13:00-15:30 </span></p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; &#13; <br/><br/><br/></div>&#13; <p/>]]> No publisher 一般 イベント 令和6(2024)年4月入学者を対象とした入学料免除?徴収猶予及び授業料免除の実施について【24.02.09更新】_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/menjo <![CDATA[<div><span class="fontcolor1"><u>※入学料免除?徴収猶予申請者は、結果が発表されるまで納付が猶予されますので、入学料を納めないでください。原則として納付後の返還はしません。</u></span></div>&#13; <div>?【私費外国人留学生の入学料免除?入学料徴収猶予及び授業料免除に関する英語版の<span>HP</span>は<span>?</span><span><a href="https://ewww.kumamoto-u.ac.jp/en/news/522/">こちら </a></span>】</div>&#13; <div>(<span>Application guidebook for admission fee exemption / postponement and tuition fee exemption for Privately Financed International Students is <a href="https://ewww.kumamoto-u.ac.jp/en/news/522/" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><u>here</u></a></span>)</div>&#13; <div>(<span>When you access to the online application system for admission fee exemption / postponement and tuition fee exemption for privately financed international students, please click <a href="https://admission.kumamoto-u.ac.jp/jumen/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">here</a> )</span></div>&#13; <div><span/></div>&#13; <div class="box_advice"><span class="fontcolor1">以下は日本語のみ。ただし、私費外国人留学生に関する部分で一部英語表記有 The following is in Japanese only. However, some contents related to privately financed international students are written in English.</span></div>&#13; <h2>〈はじめに〉                             </h2>&#13; <div> 熊本大学では、「高等教育の修学支援新制度(以下「新制度」という。)」による入学料免除及び授業料免除」と、「熊本大学独自の入学料免除?入学料徴収猶予及び授業料免除制度(以下「独自制度」という。)」の2つの制度により免除を実施しています。</div>&#13; <div> 新制度は、日本人学部生を対象として、令和2年度から始まった住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯を対象とした制度です。日本学生支援機構給付奨学金を申請し、給付奨学生として採用された際に決定する支援区分に応じた免除を受けることができます。</div>&#13; <div> 日本人学部生は、基本的に新制度への申請しかできませんが、一定の要件を満たす場合に、独自制度(学資負担者死亡等枠、災害枠、コロナ枠、修学支援新制度要件外枠)に申請できます。</div>&#13; <div> 独自制度は、大学院生及び私費外国人留学生を対象として、経済的理由などにより納付が困難な学生を対象とした、入学料免除?徴収猶予及び授業料免除の制度です。</div>&#13; <div> 入学料免除?徴収猶予及び授業料免除申請者は、結果が発表されるまで納付が猶予されますので、入学料及び授業料を納めないでください。原則として納付後の返還はしません。</div>&#13; <div> ※ 授業料の口座振替を指定している者は、申請をすることで引落しがされません。</div>&#13; <p/>&#13; <h2>学部新入生、3年次編入学生</h2>&#13; <div> 学部生用「入学ガイドブック」、「補足資料3:入学料免除?入学料徴収猶予及び授業料免除について」及び「入学料?授業料免除申告」を確認のうえ、申請手続きを行ってください。</div>&#13; <div>  <a href="/nyuushi/whatnew/oshirase/admission-kumamoto.u" target="_blank" rel="noopener noreferrer">【入学ガイドブック(学部生用)】</a></div>&#13; <p>  <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/emf4sm" target="_blank" rel="noopener noreferrer">【入学料?授業料免除申告(学部)】</a></p>&#13; <div>?【申請関係資料】</div>&#13; <div>&#13; <p> 選択した申告番号により提出物が異なりますので、以下に掲載している該当する申告番号の免除申請のしおりをダウンロードし、必要書類を確認してください。また、入学料?授業料免除申請システム(以下「免除申請システム」という。)により申請する場合は、免除申請システムからダウンロードした様式を使用するようにしてください。</p>&#13; </div>&#13; <div>  <span class="marker">●入学料?授業料免除申告番号で「①?③」を選択した者</span></div>&#13; <p>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/cnqy40" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「令和6年度(4月入学 日本人学部生用)入学料免除及び前期授業料免除申請のしおり」(A様式1を含む)</a></p>&#13; <div>  <span class="marker">●入学料?授業料免除申告番号で「②?④~⑩」を選択した者</span></div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/ryxkf9" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「令和6年度(4月入学 日本人学部生用)入学料免除?徴収猶予及び前期授業料免除申請のしおり」</a></div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/7bxeae-1" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「A様式1(認定に関する申請書)」</a>※該当者のみ</div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/6h8bop" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「修学支援新制度の申請要件に関する確認書」</a>※該当者のみ</div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/0yencx" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「「伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】感染症の影響により家計が急変した世帯の学生を対象とした令和6年度(前期)授業料免除」募集要項(日本人新入生用)」</a>※該当者のみ</div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/5upv1i" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「被災状況に関する写真貼付台紙」</a>※該当者のみ</div>&#13; <div>  →<a href="https://admission.kumamoto-u.ac.jp/jumen/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「入学料?授業料免除申請システム」(リンク)</a></div>&#13; <p>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/n5ao5f" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「入学料?授業料免除申請システム(前期申請用)の入力方法」</a></p>&#13; <div>  <span class="marker">●入学料?授業料免除申告番号で「?」を選択した者</span></div>&#13; <div>  The person who selected No.11 for declaration of admission fee exemption / postponement should refer to the following guidebook.</div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/nvwy61" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「2024年度入学料免除?徴収猶予(4月入学)及び授業料免除(通年)申請のしおり(私費外国人留学生用)」</a></div>&#13; <div>   <span>Application Guidebook for Admission Fee Exemption / Postponement and Tuition Fee Exemption for 2024 Academic Year for Privately Financed International Students.</span></div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/Application-Guidebook-for-Tuition-Fee-Exemption-for-COVID-19-Pademic-first-semester-2024.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「「伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】感染症の影響により家計が急変した世帯の学生を対象とした2024年度(前期)授業料免除」募集要項(私費外国人留学生用)」</a>※該当者のみ</div>&#13; <div>   <span>Application Guidebook for “Tuition Fee Exemption for Students whose Household Income has been Affected by COVID-19 Pandemic (The First Semester 2024)”</span>  *Only for those who are applicable.</div>&#13; <div>  →<a href="https://admission.kumamoto-u.ac.jp/jumen/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「入学料?授業料免除申請システム」(リンク)</a></div>&#13; <p>   <span>The Online application system for admission fee exemption / postponement and the tuition fee exemption.</span></p>&#13; <div>【申請期間】</div>&#13; <div> 選択した申告番号により申請期間が異なりますので、以下の表で確認してください。</div>&#13; <div>  <span class="marker">●入学料?授業料申告番号で「①?③」を選択した者</span></div>&#13; <div>?<img src="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/c4rm5u-1/@@images/12fdb025-57ed-49b7-a735-7f3270748e94.png" title="&#x7533;&#x8ACB;&#x671F;&#x9593;&#xFF08;&#x2460;&#x30FB;&#x2462;&#xFF09;.png" alt="&#x7533;&#x8ACB;&#x671F;&#x9593;&#xFF08;&#x2460;&#x30FB;&#x2462;&#xFF09;.png" class="image-inline"/></div>&#13; <div>?</div>&#13; <div>  <span class="marker">●入学料?授業料申告番号で「②?④~?」を選択した者</span></div>&#13; <p>?<img src="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/y5e1iq/@@images/3aeeed55-d830-41af-a8fe-dd70b8cbc3bb.png" title="&#x7533;&#x8ACB;&#x671F;&#x9593;&#xFF08;&#x2461;&#x30FB;&#x2463;&#xFF5E;&#x246A;&#xFF09;.png" alt="&#x7533;&#x8ACB;&#x671F;&#x9593;&#xFF08;&#x2461;&#x30FB;&#x2463;&#xFF5E;&#x246A;&#xFF09;.png" class="image-inline"/></p>&#13; <div>【申請方法】</div>&#13; <div>  申告番号①?③選択者 : A様式1をレターパックライトで郵送</div>&#13; <div>  申告番号②?④~?選択者 : 1次申請(免除申請システム入力)完了後、</div>&#13; <div>                 2次申請(申請書類をレターパックライトで郵送)</div>&#13; <div>                 <span class="fontcolor1">※新制度による免除を申請する者は「A様式1」も同封すること</span></div>&#13; <div>?</div>&#13; <div>【判定結果の公表時期】</div>&#13; <div> 電子掲示板(学生用メール)及び学内掲示により通知します。</div>&#13; <div> 申告番号によって公表時期が異なります。</div>&#13; <div>  申告番号①?②?⑤?⑦~?選択者 : 6月下旬頃</div>&#13; <div>  申告番号③?④?⑥選択者 : 7月上旬頃</div>&#13; <p>?</p>&#13; <h2>大学院新入生、専攻科生及び別科生</h2>&#13; <div><span class="fontcolor1">【入学料免除等申請前の確認事項(大学院新入生のみ)】</span></div>&#13; <div><span class="fontcolor1">  新制度は、学部生のみ対象の制度になります。</span></div>&#13; <div><span class="fontcolor1">  大学院では、新制度での免除ではなく、独自制度で申請してください。</span></div>&#13; <div>1.学部生のときに新制度で授業料免除を受けていた場合でも、大学院進学後、入学料?授業料免除申請をしても必ずしも免除されるとは限りません。</div>&#13; <div>2.独自制度では、<strong>申請者の学力基準と家計基準の両方を満たした者</strong>について、本学の予算の範囲内で家計困窮度の高い順に選考を行います。</div>&#13; <div>  独自制度での学力基準及び家計基準については、「令和6年度入学料免除?徴収猶予及び授業料免除(通年)申請のしおり」で確認してください。</div>&#13; <div>3.<strong>学力基準を満たしていない場合は、家計困窮度が高い状況でも入学料免除及び授業料免除は受けられません。</strong></div>&#13; <div>?(例)新制度Ⅰ区分、経過措置対象者の場合</div>&#13; <div><img src="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/2hfpbf.png/@@images/c721665d-385d-4ef3-8453-984eb1872fe7.png" title="&#x5927;&#x5B66;&#x9662;&#x751F;&#x8AAC;&#x660E;&#x7528;&#x753B;&#x50CF;.png" alt="&#x5927;&#x5B66;&#x9662;&#x751F;&#x8AAC;&#x660E;&#x7528;&#x753B;&#x50CF;.png" class="image-inline"/></div>&#13; <div> </div>&#13; <div/>&#13; <div> 大学院生等用「入学ガイドブック」及び「入学料免除?徴収猶予申告(大学院等)」を確認のうえ、申請手続きを行ってください。授業料免除のみの申請希望者は確認不要です。</div>&#13; <div> <a href="/nyuushi/whatnew/oshirase/admission-kumamoto.u" target="_blank" rel="noopener noreferrer">【入学ガイドブック(大学院生等用)】</a></div>&#13; <div> <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/muswxo" target="_blank" rel="noopener noreferrer">【入学料免除?徴収猶予申告(大学院等)】</a></div>&#13; <div>?</div>&#13; <div>【申請関係書類】</div>&#13; <div> 選択した申告番号により提出物が異なりますので、以下に掲載している該当する申告番号の免除申請のしおりをダウンロードし、必要書類を確認してください。また、提出に必要な様式は、免除申請システムからダウンロードしたものを使用するようにしてください。」</div>&#13; <div> </div>&#13; <div>  <span class="marker">●入学料免除?徴収猶予申告番号で「①~④」を選択した者</span></div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/3uhoxt" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「令和6年度入学料免除?徴収猶予及び授業料免除(通年)申請のしおり」</a></div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/0yencx" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「「伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】感染症の影響により家計が急変した世帯の学生を対象とした令和6年度(前期)授業料免除」募集要項(日本人新入生用)」</a>※該当者のみ</div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/5upv1i" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「被災状況に関する写真貼付台紙」</a>※該当者のみ</div>&#13; <div>  →<a href="https://admission.kumamoto-u.ac.jp/jumen/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「入学料?授業料免除申請システム」(リンク)</a></div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/n5ao5f" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「入学料?授業料免除申請システム(前期申請用)の入力方法」</a></div>&#13; <div> </div>&#13; <div>  <span class="marker">●入学料免除?徴収猶予申請番号で「⑤」を選択した者</span></div>&#13; <div>   The person who selected No.5 for declaration of admission fee exemption / postponement should refer to the following guidebook.</div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/nvwy61" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「2024年度入学料免除?徴収猶予(4月入学)及び授業料免除(通年)申請のしおり(私費外国人留学生用)」</a></div>&#13; <div>   <span>Application Guidebook for Admission Fee Exemption / Postponement and Tuition Fee Exemption for 2024 Academic Year for Privately Financed International Students.</span></div>&#13; <div>  →<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/Application-Guidebook-for-Tuition-Fee-Exemption-for-COVID-19-Pademic-first-semester-2024.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「「伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】感染症の影響により家計が急変した世帯の学生を対象とした2024年度(前期)授業料免除」募集要項(私費外国人留学生用)」</a>※該当者のみ</div>&#13; <div>   <span>Application Guidebook for “Tuition Fee Exemption for Students whose Household Income has been Affected by COVID-19 Pandemic.(The First Semester 2024)".</span>  *Only for those who are applicable.</div>&#13; <div>  →<a href="https://admission.kumamoto-u.ac.jp/jumen/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「入学料?授業料免除申請システム」(リンク)</a></div>&#13; <div>   <span>The Online application system for admission fee exemption / postponement and the tuition fee exemption.</span></div>&#13; <div> </div>&#13; <div>  <span class="marker">●入学料免除?徴収猶予申告番号で「⑥」を選択した者</span></div>&#13; <div>  →所属の教育部教務担当経由で「入学料徴収猶予申告書」を提出</div>&#13; <div>  The person who selected No.6 for declaration of admission fee exemption / postponement should check with the academic affairs office at the place of enrollment.</div>&#13; <div> </div>&#13; <div>【申請期間】</div>&#13; <div> 入試区分により申請期間が異なりますので、以下の表で確認してください。</div>&#13; <p><img src="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/nyugakuryo_menjo/00wyr4" title="&#x7533;&#x8ACB;&#x671F;&#x9593;&#xFF08;&#x5927;&#x5B66;&#x9662;&#xFF09;.png" alt="&#x7533;&#x8ACB;&#x671F;&#x9593;&#xFF08;&#x5927;&#x5B66;&#x9662;&#xFF09;.png" class="image-inline"/></p>&#13; <div>【申請方法】</div>&#13; <div> ① 免除申請のしおりを熟読し、必要書類を準備する。</div>&#13; <div> ② 1次申請を行う。(免除申請システムでの入力)</div>&#13; <div> ③ 1次申請完了後、2次申請を行う。(申請書類の郵送)</div>&#13; <div>   <span style="text-decoration: underline;">※ 必ずレターパックライトで郵送してください。</span></div>&#13; <div>   <span class="fontcolor1" style="text-decoration: underline;">※ 2次申請期間内に準備できない書類があるときは、免除申請のしおりP.21「Ⅺ.免除申請に係るFAQ」⑥(留学生は免除申請のしおりP.22のQ18)を参照してください。</span></div>&#13; <div>?</div>&#13; <div>【申請先】</div>&#13; <div> 〒860-8555 熊本県熊本市中央区黒髪2丁目40-1</div>&#13; <div> 熊本大学学生支援部学生生活課経済支援担当 宛</div>&#13; <div>?</div>&#13; <div>【判定結果の公表時期】</div>&#13; <p>  6月下旬頃、電子掲示板(学生用メール)及び学内掲示により通知します。</p>&#13; <p/>&#13; <h2>【共通】学部新入生、3年次編入学生、大学院新入生、専攻科生及び別科生</h2>&#13; <div>【各様式1~15】(所得に関する証明書類)</div>&#13; <div> <span style="text-decoration: underline;">※ 1次申請期間内は、免除申請システムより様式を印刷して使用してください。</span></div>&#13; <div> <span style="text-decoration: underline;">※ 各様式は、免除申請システム入力期間しかダウンロードできませんので、早めに印刷してください。</span></div>&#13; <div> ※ 1次申請期間終了後に、各様式を掲載する予定です。</div>&#13; <div>?</div>&#13; <div>&#13; <div class="box_advice">★注意事項★</div>&#13; <div>?1次申請(申請システム)を終えていない場合、2次申請(書類提出)はできません。</div>&#13; <div>?各申請期間(1次?2次)を過ぎたものは、一切受付をいたしません。</div>&#13; <div>&#13; <p> </p>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 学生 ページ クリエイティブ?マインドセット?セミナー第2弾開催のお知らせ_伟德体育_伟德国际app【娱乐官网】 /event/sizen/20240208 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="/event/sizen/sizen_file/udvww1" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> </a>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <figure class="e-img-box is-right is-one-fourth"><br/>&#13; <p><img src="/event/sizen/sizen_file/20240208_2.jpg/@@images/ec25e875-af83-4839-9007-271fb9d262cf.jpeg" title="20240208_2.jpg" width="185" alt="20240208_2.jpg" height="247" class="image-inline"/></p>&#13; <p><a href="/event/sizen/sizen_file/20240208_1.pdf">中国の経済学者からみた、中国のデジタル化</a>(PDF)</p>&#13; </figure>&#13; <h3><strong>中国の経済学者からみた、中国のデジタル化</strong></h3>&#13; <strong><strong/></strong>&#13; <p> 2023年度 クリエイティブ?マインドセット?セミナー第2弾では、対外経済貿易大学 国際経済研究院 教授の西村友作 氏と、大阪経済大学経済学部 教授の福本智之 氏にお越しいただき、「中国経済学者からみた、中国のデジタル化」講演会を開催します。</p>&#13; <p> 多くの皆さまのご参加をお待ちしています。</p>&#13; <p/>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p><strong>講師紹介</strong>:</p>&#13; <p><strong>西村友作 氏</strong>(対外経済貿易大学 国際経済研究院 教授<span>/</span>日本銀行北京事務所 客員研究員)</p>&#13; <p><span>2002 </span>年より北京在住。<span>2010 </span>年に中国の経済金融系重点大学である対外経済貿易大学で経済学博士を取得し、同大学で日本人初の専任講師として採用される。同副教授を経て、<span>2018 </span>年より現職。日本銀行北京事務所客員研究員。<br/>山東財経大学(中国山東省済南市)兼職特聘教授。専門は中国経済?金融。<br/>中国の外国人の大学教員の立場は、自国の言葉で教える非常勤講師か、海外の大学教員でありながら中国でも講義する客員教員が一般的。中国語で専門を教える専任講師として日本人を採用するのは極めてまれで、日中のメディアでも紹介されている。</p>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p><strong>福本智之 氏</strong>(大阪経済大学経済学部 教授<span> / </span>東京財団政策研究所 研究員)</p>&#13; <p><span>1989 </span>年日本銀行入行。<span>2000 </span>年在中国大使館一等書記官として中国金融経済の調査と当局とのリエゾンを担当。<br/><span>2010 </span>年日本銀行国際局総務課長、<span>2011 </span>年国際局参事役(IMF世界銀行東京総会準備を担当)、<span>2012 </span>年北京事務所長、<br/><span>2015 </span>年北九州支店長、<span>2017 </span>年国際局審議役(アジア担当総括)、<span>2020 </span>年国際局長を歴任、<span>2021 </span>年<span>3 </span>月日本銀行退職を経て、<span>2021 </span>年<span>4 </span>月より大阪経済大学経済学部教授に就任。<span> 1989 </span>年京都大学法学部卒、<span>1995 </span>年香港中文大学、<br/>1996 年対外経済貿易大学留学、2008 ~ 2009 年ハーバード大学ケネディ行政学院フェロー。</p>&#13; </div>&#13; <div class="eventdata"/>&#13; <div class="eventdata">&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p/>&#13; <table>&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px;">日時</th>&#13; <td style="height: 45px;">2024年2月17日(土)15:00~17:00 (受付開始は14:30から)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">場所</th>&#13; <td style="height: 45px;">びぷれすイノベーションスタジオ(びぷれす熊日会館7階)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 13.1px;">&#13; <th style="height: 13.1px;">対象</th>&#13; <td style="height: 13.1px;">大学院生、ポストドクター、学部生、教員、一般(企業人)等<br/>どなたでもご参加いただけます</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">参加費</th>&#13; <td style="height: 45px;">無料</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 135px;">&#13; <th style="height: 135px;">申込方法</th>&#13; <td style="height: 135px;"><br/>&#13; <p><span class="fontcolor1"><img src="/event/sizen/sizen_file/20240208_3.png/@@images/e646c0f1-0a87-4dc5-90f5-96272f72923d.png" title="20240208_3.png" width="426" alt="20240208_3.png" height="125" class="image-inline"/></span></p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">主催</th>&#13; <td style="height: 45px;">熊本大学大学院自然科学教育部?イノベーションリーダー育成プログラム?</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">後援</th>&#13; <td style="height: 45px;">熊本日日新聞社びぷれすイノベーションスタジオ/肥銀キャピタル株式会社</td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; &#13; <br/><br/><br/><address><strong style="background-color: #eeeeee;"> お問い合わせ </strong> <br/>自然科学系事務課大学院教務?国際担当<br/>E-mail:szk-projectapply@※<br/>(メール送信の際は、※をjimu.kumamoto-u.ac.jpに置き換えてください。)<br/><br/></address></div>&#13; <p/>]]> No publisher 在学生 企業?研究 一般 イベント